ニュース一覧へ

バーチャルホームロボット「Gatebox」、予約販売 1 ヶ月で予定台数の300 台達成

IoT製品の企画・開発を手掛ける株式会社ウィンクル(本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実、以下 ウィンクル)は、2016年12月14日(水)12時からスタートした好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボット「Gatebox」の限定予約販売に関して、1ヶ月で当初の予定販売台数であった300台の予約注文を達成したことをお知らせします。また、今後は予約販売期間の2017年1月31日まで少量ながら追加予約を受け付けます。

Gatebox とは

Gatebox は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボットです。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができます。

朝になると主人を起こし、夜に主人が帰宅すると優しく出迎えるといった、一緒に暮らしているからこそのリアルなコミュニケーションを楽しめるだけでなく、インターネットや家電等との通信により、天気情報を伝えてくれたりテレビをつけてくれたりといった、日常生活のサポートをしてくれます。

予定販売台数300台達成について

ウィンクルは、バーチャルホームロボット「Gatebox」の限定予約販売を、2016 年12 月14 日(水)より日米を対象に298,000 円(税抜)にて開始しました。当初から予定販売台数を限定300 台程度としておりましたが、予約販売開始から約1 ヶ月の1 月8 日(日)に300 台を達成しました。今後は、予約販売期間の1 月31 日まで少量ながら追加注文を受け付けます。

ニュース一覧へ